ラヴェーラとは…

ラヴェーラはラテン語で「真実」という意味のドイツ生まれのオーガニックコスメ。

すべての人の”真実のオーガニック化粧品でありたい”という創設者であり開発者でもあるトーマス・ハーゼの願いによって生まれたブランドです。 原材料にこだわりオーガニック栽培や野生採取された植物を出来るだけ使用し、天然由来成分がもたらすスキンケア効果を最大限活かした製品づくりを心がけています。
また、ナチュラル&オーガニック化粧品認証機関の厳しい基準を定めたガイドラインに沿って製造、製品ごとに効果効能・動物保護・環境への配慮に関する設定や評価を受けています。 あらゆる肌質にも対応する豊富な製品レンジを揃える自然化粧品として世界40カ国以上の多くの方々に世界を代表するオーガニック化粧品のトップブランドとして親しまれています。

ブランドストーリー

ラヴェーラの開発者であり創設者である創業者のトーマス・ハーゼは幼少の頃から極度の敏感肌で、既存の化粧品や医薬品は彼の肌には合わず悩んでました。 そこで、これまでのものに代わるものをという思いで化粧品の原料からスキンケアについてまで勉強をはじめ、自分で植物を栽培しハーブエキスなどを作り試行錯誤のうえ最初の化粧品である「トリートメントリップ クラシック」を完成させたのです。
それから10 年以上化粧品の研究・開発を続け、1987年にドイツの北部ハノーバー近郊にラヴェラーナ社を創業しました。石油合成の原料を一切使用せず、植物成分由来のオイルなどを抽出し、自然の力を最大限に使ったお肌にやさしいスキンケアの開発に注力をしてきました。「人と自然への思いやり」という思いで、生態や資源の保護にも力注ぎます。製品の安全性や適合性を確認するため、皮膚科専門医と共同しボランティアの方々の協力のもと皮膚アレルギーのテスト行っています。もちろん動物実験も行いません。
「すべての人の真実のオーガニック化粧品でありたい“」その思いが詰まった化粧品こそ〈ラヴェーラ〉なのです。

認証について

ラヴェーラは、配合が認められている原料の使用、製品の製造方法、環境保護、
動物保護などに関しても厳しい基準をもうけいくつもの認定や評価を受けています。

《 GREEN BRAND 》グリーンブランド
GREEN BRANDとは、国際的な独立組織ブランド・マーケティング機関が、環境や天然資源の保護活動を積極的に行う企業・ブランドに贈る認証マークです。 風力、水力、太陽光などのグリーンエネルギーを利用し環境に配慮した製造方法や、天然資源を保護する活動、原料となる有機栽培植物の育成にも取り組み、オーガニック農法の発展に貢献している点が認められての受賞となりました。

《 NATRUE 》ネイトゥルー
「NATRUE」は自然・オーガニック化粧品に関する厳格な基準の維持を目的として2007年に設立された、ベルギー・ブリュッセルにある国際的な非営利団体です。配合が認められている原料はネイトゥルーが定めた自然原料・準自然原料・自然同一原料に限られ、製品の製造方法、環境保護、動物保護などに関しても厳しい基準を設定しています。

《 Vegan 》 ヴィーガン
動物原料使用に反対するイギリスのVegan協会により、配合成分・製造工程で使用する原料に一切動物原料を使用しない化粧品や食料品に付与されるマーク。